アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » アトピー肌さんのスキンケアコスメ選びのポイント » クレンジング

クレンジング

アトピー肌の方におすすめのクレンジング剤とはどのようなものかの説明と、選ぶ際のポイントをまとめています。また、W洗顔がアトピー肌に与える影響と、刺激を最小限に抑えるクレンジング法についても要チェックです。

アトピーでもOKなクレンジング剤の選び方

メイクを落とすために必要なクレンジング。肌に余計な負担をかけないためにも、以下のようなポイントを押さえて製品を選んでみてください。

不純物を含まない

合成界面活性剤・防腐剤・香料・着色料など、肌の刺激となる化学物質を含んでいないことが第一。

アトピー肌はバリア機能が弱まっているため、ちょっとした刺激で炎症が発生・悪化する恐れがあるからです。おすすめは、アトピー肌用に開発されたクレンジング剤や純石けん。

薄めのメイクであれば、十分に泡立てた石けんでもメイクを落とすことが可能です。

肌触りがなめらかで滑りがよい

クレンジングの際は、肌への負担を極力避けることが大事。肌滑りが悪いとどうしても指に力が入ってしまい、角質層にダメージを与えてしまうのでオススメできません。

肌の上でなめらかに指が滑り、たっぷり使えるものを選ぶと良いでしょう。すすぎやすさも視野に入れて。

オーガニック・無添加ならOK?

「無添加」「オーガニック」と表記されている製品は、何となく肌に優しい感じがします。しかし、大切なのは「何が無添加なのか」「何を基準にオーガニックを謳っているのか」をチェックすること。

まず、無添加という表示は香料・防腐剤・着色料などのどれか1つが含まれていないだけでも表示できてしまいます。オーガニックも、原料の中にオーガニックのものが入っているだけでオーガニック製品と表示できてしまうのです。

ちなみに、オーガニック製品の中には刺激の強い天然素材を使っているものもありますので、本当の無添加であってもパッチテストを行うようにしましょう。

アトピーにW洗顔はNG!?

メイク落としにW洗顔を行う方がいますが、アトピー肌はW洗顔を避けるべきです。

クレンジングだけでも、バリア機能が弱っているアトピー肌には多大な負担。そこへさらに洗顔料を使用したら、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂がなくなると肌の水分が蒸発し、乾燥は一気にスピードアップ。

すると、皮膚は乾燥から肌を守ろうと過剰な皮脂を分泌するため、延々と肌トラブルが続くという結果になってしまうのです。アトピー肌のクレンジング剤は、メイク落としと洗顔が一緒にできてしまうものが◎。

さらに以下のポイントを守って、短時間で効率よくクレンジングをするようにしましょう。

  • 1.額・鼻・あご・両頬へクレンジング剤をそっと乗せます。
  • 2.皮脂の多い額・鼻(Tゾーン)からスタートし、あご・両頬・目元の順番で優しくクレンジングします。指の腹を使って、汚れを包み込むようなイメージで。
  • 3.28~30℃ほどのぬるま湯で、しっかりクレンジング剤をすすぎます。このときも肌をこすらないように心がけ、すすぎ残しがないよう優しくすすぎましょう。
  • 4.清潔で柔らかいタオルを使い、水分を押さえるようにして拭きます。
 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび