アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » アトピー肌さんのスキンケアコスメ選びのポイント » 石鹸・洗顔料

石鹸・洗顔料

アトピー肌に負担を与えず、優しく洗浄するための石鹸・洗顔料の選び方をご紹介。保湿成分・肌すべりの良さなど押さえておきたいポイントや、気をつけたい添加物名なども掲載しています。

アトピー肌にオススメな石鹸・洗顔料とは

敏感肌・乾燥肌のアトピー性皮膚炎の改善策において、洗顔などの基本的なスキンケアは大切です。石鹸・洗顔料で皮膚に余計な負担を与えないためにも、以下のようなポイントに気をつけて製品を選ぶようにしましょう。

低刺激のものを選ぼう

アトピー肌は皮膚の炎症・乾燥などで敏感になっているため、石鹸・洗顔料は低刺激のものが◎。

一般的な洗顔料には刺激の強い成分が含まれていることがあるため、アトピーの方は極力避けるべきでしょう。選ぶべきは、アトピー用・敏感肌用に開発された無添加の石鹸・洗顔料。

しかし、無添加であればどれでもいいというワケではなく、肌に合っているかどうかの確認が重要です。購入したらまず手を洗ってみて、乾燥や刺激がないかをチェックすると良いでしょう。

保湿成分が入っていること

アトピー肌は、洗顔後の肌が普通の肌よりも乾燥しやすいのがネック。

石鹸や洗顔料は保湿成分が配合されているものを選び、洗顔をしながら同時にうるおいを与えてくれるものが良いでしょう。

ただし、配合されている保湿成分は天然のもので、低刺激であることが条件です。

肌滑りが良いこと

石鹸・洗顔料の肌滑りが悪いと、肌に余計な負担をかけることになります。石鹸・洗顔料は泡立ちの良いものや、なめらかで肌滑りの良いものを選ぶようにしましょう。

直接手が触れないように洗えるものであれば、皮膚表面へのダメージを抑えることができます。

合成界面活性剤・添加物が入っていないこと

一般的な石鹸・洗顔料に入っていることが多い、合成界面活性剤・防腐剤(パラベンなど)・合成香料・着色料などは肌への刺激になります。添加物を含まず、肌に優しい天然素材を使ったものを選ぶと良いでしょう。

ただし、添加物が少ないほど成分が変質・変色しやすくなるため、品質管理はしっかりと。

洗顔料選びで気をつけたい成分

一般的な石鹸・洗顔料に含まれている成分で、肌に刺激を与える成分を挙げてみます。これらを避けることで、低刺激で肌に優しい製品を見極めることが可能です。

  • パラベン
    パラオキシン安息香酸エステルのことで、表示指定成分に定められている防腐剤。接触性皮膚障害を起こす恐れがあるので避けた方が賢明。
  • エデト酸
    成分の変質・酸化を防止する役割を持ちますが、皮膚・粘膜に刺激を与えることがあります。
  • ジブチルヒドロキシトルエン
    酸化防止剤の1つ。皮膚炎・過敏症などの原因となることがあります。
  • 合成の油性成分
    鉱物油・パラフィン・ミネラルオイルなどは石油由来の合成保湿成分。肌トラブルを起こす恐れがあります。
  • 合成色素
    「○色○号」と表示されているものは、すべて石油由来の合成タール色素です。肌に負担となるので避けた方が良いでしょう。
  • 合成香料
    石油から作られた芳香性化学物質。アレルギーやホルモン分泌に影響を及ぼすとされています。

アトピー肌の女性におすすめの洗顔料

 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび