アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 特集1:アトピーケアの必須項目!洗顔について考える » 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?

水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?

水またはお湯だけでアトピー肌の洗顔をすることが間違いである理由と、肌に優しい洗顔料の選び方について解説しています。

朝の洗顔の重要性や、肌に皮脂・汚れを残したままにするリスクについても必見です。

アトピーだからこそ洗顔はしっかりと!

「洗顔で皮脂を取りすぎると、肌が乾燥してアトピーが悪化する」と思い込み、洗顔料を使わずに水・ぬるま湯だけで顔を洗う人がいます。皮脂を取りすぎると乾燥肌になると言われていますが、保湿に必要なのは皮脂ではなく角質層にある「セラミド(細胞間脂質)」。セラミドが十分に機能していれば水分は保持されるのですが、アトピーの方はこのセラミドが崩れていることが多いです。ですので、余分な皮脂を取ることに問題はないのです。

むしろ、化粧水や美容液でセラミドに水分を補給するためにも、余分な皮脂や汚れはしっかり落とすことが大切。皮脂や汚れが顔に残っていると化粧品が浸透しにくくなるだけでなく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。肌の汚れは、アトピー性皮膚炎の悪化因子なのです。そのためには洗顔料でのケアが必須となりますが、使用する洗顔料の選び方も大切です。

洗顔料は保湿力が高いもので、添加物を含まず低刺激なものが◎。肌に必要な水分を残しつつ、皮脂・汚れをしっかりと落としてくれるものを選びましょう。肌すべりがよく、摩擦による刺激を与えにくいものであることも重要です。

朝の洗顔は意外と重要

「朝はメイクしていないから、水やぬるま湯だけで洗顔している」という方も多いようです。

しかし、寝ている間にも皮脂は分泌されています。夜に分泌される皮脂は「遊離脂肪酸」といわれる酸化した皮脂で、水やぬるま湯だけでは十分に落とすことができません。また、就寝前に使った化粧品の成分、汗やほこりなどの汚れも付着していますが、これらの汚れも意外と頑固なんです。

もし、皮脂や汚れが残ったままだと肌はどうなるでしょうか?以下に、考えうる肌トラブルを挙げてみます。

  • 皮脂が酸化して肌色がくすみ、キメが乱れる
  • 皮脂汚れが毛穴にたまり、毛穴が開いたり黒ずんだりする
  • 汗や皮脂汚れに雑菌が繁殖し、炎症が発生・悪化する
  • ターンオーバーが乱れて角質層が厚くなり、アトピーが悪化
  • 肌の老化
  • メイクの乗りが悪くなる

朝の洗顔は、『寝ている間に蓄積した汚れを落とす』ための大事な行為。以上のようなトラブルを防ぐためにも、きちんと行うことが大切なのです。ただし、過度に洗顔すると皮脂を取りすぎてしまい、乾燥がひどくなるのでNG。とはいえ、汚れをきちんと取り除けないと、汚れが残った肌のまま1日を過ごすことになってしまいます。洗顔の基本は、「必要な皮脂を取りすぎず」「汚れを残さない」「洗顔料を残さない」のがポイントです。

朝の洗顔は、皮脂が多く分泌される部位(Tゾーン)を中心に、保湿力の高い洗顔料で優しく行いましょう。泡立つ洗顔料の場合、時間がないと泡立て方が不十分になりがち。泡立てが不十分だと、肌への負担が大きくなるので要注意です。朝がどうしても忙しい場合は、泡立て不要のマイルドな洗顔料もあるので検討してみては?

 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび