アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 大人アトピーの基礎知識をおさらい » ステロイドがNGな理由

ステロイドがNGな理由

アトピー治療に使われるステロイド剤とはどのようなものか、その効果と気になる副作用についての情報をまとめました。ステロイドを顔に使用するとどうなるか、その危険性についても触れています。

アトピー治療におけるステロイドとは

ステロイドとは、副腎の外側にある皮質という部分で生成されるホルモンのこと(副腎皮質ホルモン)。このホルモンのうちの1つである、糖質コルチコイドという成分を化学合成したものがステロイド剤。ステロイド剤は高い抗炎症作用・免疫抑制作用を持ち、さまざまな疾患の治療に利用されています。

アトピー性皮膚炎の治療において、ステロイドは炎症・痒みの緩和に使われます。炎症を抑えることにより痒みを軽減し、皮膚をひっかくなどの刺激を減らして症状を改善へと導きます。以上のことから分かるように、ステロイドは対症療法であり根治治療ではありません。

ステロイドの気になる副作用

ステロイドと副作用は、きっても切り離せない話題。長期間に渡って使用すると、少なからず以下のような副作用(ステロイド皮膚症)に悩まされることがあるようです。

  • ステロイド潮紅
    酒さ様皮膚炎とも呼ばれるもので、副作用としては代表的な症状。顔全体が赤くなりポツポツができることも。成人のアトピー患者に見られます。
  • 皮膚萎縮
    皮膚が薄くなり、静脈や血液の色が透けて見えたりする症状です。長期間にわたってステロイド剤を使用していた場合に発現する可能性があります。
  • ステロイド紫斑
    皮膚が全体的に薄くなり、些細な刺激で黒アザのようなものができる症状。高齢者に多く見られます。
  • 多毛
    ステロイド剤を使用している部分の毛が伸びたり、産毛が濃くなる症状。小児によく見られます。
  • 感染症の悪化や誘発・慢性化
    ステロイド剤には免疫力を低下させる作用があるため、細菌やウイルスによる病気にかかったり、悪化することがあります。例としては、水虫・カンジダ・かい癬・水いぼ・とびひなど。

おもな副作用は上記となりますが、これらの症状すべてがステロイド剤の副作用であるとは限りません。気になる症状が出たら専門医にすぐ相談し、適切な判断を仰ぐようにしましょう。

ステロイド剤を顔に使用するとどうなる?

ステロイド剤の吸収率は薬の種類・使用する部位によって異なりますが、顔はもっとも吸収率の高い部分です。前腕部と比較すると、顔の吸収率はなんと13倍!頸部は6倍と言われています。

吸収率が高いということは副作用が出る可能性も高いということ。発症してしまったステロイド皮膚症を改善するのは、アトピー性皮膚炎を完治させることよりも難しいとされているのです。

できるだけ顔への使用は避け、どうしても使用しなければならない場合は、弱めのステロイド剤を短期使用するに留めましょう。

 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび