アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 症状悪化を防ぐため日常生活でできるアトピー対策 » 衣服・寝具

衣服・寝具

敏感なアトピー肌を刺激しない服の選び方と、毎日使用する布団・枕の選び方についてご紹介しています。清潔を保つためにも覚えておきたい、上手な洗濯方法についても必見です。

アトピー肌に刺激を与えない衣服の選び方

アトピーで皮膚が乾燥・敏感になっている人は衣類の摩擦が刺激となり、痒みや炎症を悪化させることがあります。

まず、身につける衣類は、化学繊維(ポリエステルなど)を避けるのが正解。とくに、直接肌に触れる肌着・下着は自然素材(綿・シルクなど)を選ぶようにすると良いでしょう。

なかでもシルクは表面が非常になめらかで衝撃が少なく、オススメの素材です。

素材だけでなく、生地の肌触りにも注目しましょう。表面がデコボコしていたり編み方が大きいものは、皮膚への刺激が大きいのでNG。

通気性がよく、縫い目が直接当たらないよう縫製されているものを選ぶと良いでしょう。また、購入したての衣類をそのまま着るのではなく、無添加の洗剤で一度洗ってからの方が肌触りも良くなります。

布団・枕などの寝具編

布団や枕は、必ずシーツやカバーをして使用します。

寝ている間に汗や皮脂などが付着するため、何日も使用するのはNG。できれば毎日取り替えて、常に清潔な状態を保つようにしましょう。布団はダニが発生しにくい高密度繊維を使用したもので、丸洗いできるものがオススメ。専門の業者に依頼し、少なくとも1年に1回は丸洗いをしてください。

枕の中身は、通気性が良くてほこりが出にくいものが◎。素材としては、パイプ・低反発ウレタンなどを使ったものが良いでしょう。蕎麦がら・羽毛・綿などの天然素材はダニが発生しやすく、ほこりも出やすいので避けるようにします。

衣服・寝具の洗濯方法

洗濯で気をつけなければいけないのは、まず洗剤の選び方。洗濯に使用するのは、アトピー用に開発された専用洗剤や重曹などが良いでしょう。

一般的な洗濯用洗剤には、合成界面活性剤・蛍光増白剤・合成香料などがの化学物質が入っているため、使用は厳禁です。

粉せっけんは一見、肌に対して優しそうに思えますが、溶け残ったせっけんが衣類について刺激となる恐れがあります。とくに冬場は溶けにくいため、注意が必要です。

また、洗濯機のメンテナンスも大切です。いくら肌に優しい洗剤を使ったとしても、洗濯槽の裏にカビがびっしり生えていたら何の効果も得られません。こまめに掃除をし、常に清潔な状態を心がけて。

しっかり休息を取りましょう

睡眠不足はアトピーの大敵。肌への刺激を減らすことも勿論ですが、しっかり休息を取って身体の調子を整えることも重要です。寝具の改善だけではかゆみが治まらず、なかなか寝付けないという人は、サプリメントを試してみるのも良いでしょう。

特にテアニンという成分はオススメで、心身をリラックスさせ、寝付きを良くする効果があるそう。詳しくは「眠れない人のための駆け込みサイト」の睡眠サポート成分テアニンの入ったおすすめサプリで解説されているので、参考にしてみてください。

 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび