アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 必ず守るべきアトピー肌スキンケア3つの鉄則 » 清潔なお肌を目指す

清潔なお肌を目指す

アトピー肌ケアの基本事項の1つ、肌の清潔を保つことの重要性について解説しています。掃除や温度コントロールによる生活環境の整え方や、アトピー悪化の原因となり得る因子についてもクローズアップ。ぜひチェックしておいて。

アトピー対策には肌の清潔が第一

アトピーに限らず、皮膚の病気は肌を清潔に保つことが基本です。炎症を防止して健康な肌を取り戻すためにも、以下のようなポイントを守るようにしましょう。

手を清潔に

洗顔をはじめ、いろいろな行動に使用する手は、常に清潔を保っておくことが大切です。顔だけでなく身体全体にアトピーを広げないためにも、外出後・外出中・トイレの後・食事の前などは手洗いを徹底するなど、手で顔や患部を触らないように習慣づけるようにしてください。

汗やほこりなどでも汚れは付きますので、低刺激のウェットティッシュを携帯しておくと安心ですね。また、手洗いは重要ですがそればかりでは乾燥してしまうので、保湿もセットで考えておくようにします。

具体的な方法、皮膚を清潔に保つ洗い方のコツを参考にしてください。

生活環境の清潔さ

アトピー対策には、住環境を清潔に保つことも必要です。アトピーを誘発するとされるダニ・ほこりなどのハウスダスト、カビ、住居全体の空気をクリーンにするよう心がけましょう。

そのためには、最低でも1日1回は家中に掃除機をかけること。窓を開けて部屋にこもった空気を入れ替えたり、空気清浄機を利用するのも有効です。

もっと詳細を知りたい方は、生活環境の空気が変化することでアトピー等のシックハウスの症状に変化が見られたデータを参考にしてください。

室内の温度・湿度を快適に

室内の温度・湿度が高すぎると、カビやダニが発生しやすくなるので要注意です。温度計や湿度計を設置し、以下のような数値を管理するようにしましょう。

温度を快適に保つことは肌に刺激となる汗を防ぐことにも有効、湿度は乾燥対策にも有効です。

  • 夏:温度25~28℃、湿度:50~65%
  • 冬:温度18~22℃、湿度:45~60%

カビを発生させない方法の詳細は、カビ対策マニュアル実践編を参考にしてください。

肌に触れるものは清潔に

皮膚に直接触れる肌着・布団・枕・タオルなどは毎日洗濯を行い、清潔な状態を心がけます。天気の良い日は布団を天日干しし、掃除機をかけてほこりやダニの死骸を除去。

布団をなかなか干せない場合は、布団乾燥機を使用すると良いでしょう。

また寝間着については、アトピーの方のパジャマの選び方を参考にしてください。

アトピー肌の悪化因子

アトピーは何らかの刺激が原因となり、皮膚に炎症・痒みが起こる症状。刺激となる因子は人によってそれぞれですが、できるだけ刺激となるものを避け・除去することが重要です。

一般的に、アトピーを悪化させる異物・刺激物質は以下の通り。

  • ハウスダスト(ダニ・ほこりなど)
  • スギ、ブタクサなどの花粉
  • アレルギーを誘発する食物(たまご・牛乳など)
  • ペットの毛・垢など
  • 乾燥
  • 衣類や寝具との摩擦
  • カビ
  • 化粧品などに含まれる添加物(香料・防腐剤・着色料など)
  • 紫外線
  • 疲労・ストレス・睡眠不足
 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび