アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 必ず守るべきアトピー肌スキンケア3つの鉄則 » つねに保湿を考える

つねに保湿を考える

乾燥しやすいアトピー肌ケアの基本事項である「保湿」の重要性と、保湿アイテム選びのポイントをまとめています。また、肌の乾燥を悪化させないための洗顔法についてもご紹介、ぜひチェックを。

乾燥しがちなアトピー肌は徹底的に保湿!

アトピー肌の多くは乾燥肌。それは、皮膚のバリア機能がうまく働かないことが原因となっています。

皮膚の角質層には細胞間脂質(セラミドなど)があり、ダニやハウスダストなどのアレルゲン・化学物質・細菌などの異物が体内に侵入しないようガードする役割を持っています。

これが皮膚のバリア機能です。しかし、皮膚の炎症を繰り返すアトピーの人は皮膚表面の防御力が弱く、さまざまな刺激物が体内に入りやすくなっています(バリア障害)。

さらに、皮脂が少ないので角質層の水分が蒸発してしまい、ちょっとした刺激で症状が悪化する乾燥性敏感肌(アトピックドライスキン)になることが多いのです。

アトピーを発生させる原因は人それぞれであり、確実な治療法はまだないのが現状です。

しかし、角質層をケアしてバリア機能を高めることは可能。そのための手段が「保湿」なのです。

しっかりとした保湿で皮膚に水分を閉じ込めることにより、バリア機能を高めてアトピーを改善することができます。

自分に合った保湿アイテムを選ぶ

アトピーに保湿は重要ですが、どんな保湿ケア用品でも良いというワケではありません。肌に合わないケア用品を使うと逆効果になる恐れがあるため、まずは自分の肌質に合った製品を選ぶことから始めましょう。

「塗ったあとの肌がベタベタする」「サラッとしすぎて乾燥を防げない」「ピリピリとした刺激を感じる」など、何らかの違和感を感じるものは避けた方が賢明。

使用感が悪いと肌にとっても精神面にとってもストレスとなり、あまり改善効果が見られないようです。

化粧水・美容液・クリームなど、肌の状態や季節に合わせて使い分けてみるのも1つの手段。何よりも大切なのは、気持ちよく毎日の保湿ケアを継続させることなのです。

乾燥を促進させない洗顔法とは

肌をしっかり保湿するには化粧品などのアイテムに頼るだけでなく、毎日の洗顔から見直す必要があります。

保湿ケアももちろん大切ですが、それ以上に洗顔は重要!正しく洗顔しないと皮膚のうるおいを落としすぎてしまい、保湿ケアの効果も出にくくなってしまいます。

乾きすぎた状態の肌にどんな保湿剤を塗っても、乾いた状態を保護するだけなのです。

アトピー肌洗顔のポイントは以下の通り。基本をしっかり見直して、角質層へのダメージを最小限に抑えましょう。

  • 肌に優しい洗顔料を使う
  • 指が肌に触れないように洗う
  • 乾燥しやすい部分(目元など)は最後に洗う
  • 洗顔は短時間でサッと済ませる(45秒~1分程度)
  • 32℃くらいのぬるま湯で、洗顔料が肌に残らないようしっかりすすぐ
  • タオルで顔を擦らない
 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび