アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび

アトピーに負けないキレイな肌を手に入れるために

アトピーケアの必須項目!洗顔について考える

  • スキンケアコスメの選び方
  • クレンジング
  • 石鹸・洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム
  • 日焼け止め・UV下地
  • 水(お湯)だけの洗顔じゃダメ?
  • お肌に刺激を与えない洗顔方法
  • おすすめ石鹸・洗顔料BEST5
HOME » 必ず守るべきアトピー肌スキンケア3つの鉄則 » 汗・日光を避ける

汗・日光を避ける

顔などの肌を汗や日光から守ることが、アトピー改善に有効である理由をまとめています。汗や日光がアトピーに及ぼす影響や、日常生活ですぐにできる対策方法などもご紹介。

アトピーと汗の関係

夏になると「顔などにできるアトピーが悪化する」という方がいますが、この一番の原因は「汗」。正確に言うと汗そのものではなく、汗が原因となって起こる現象が問題なのです。

かいた汗を放置しておくと、時間とともに雑菌が繁殖します。近年、広島大学大学院の研究グループにより、表皮常在菌であるマラセチア菌が痒みの原因であるヒスタミンを発生させることが解明されました。

アトピーの人は一般の人よりもマラセチアの量が多いことも分かっているため、汗対策は必須となります。

すぐにできる汗対策

かいた汗はこまめに拭きとることが大切ですが、そのときに気をつけたいのが皮膚への刺激。タオルやハンカチでごしごし擦らず、軽く押さえて水分を吸収するようにします。

また、タオルやハンカチも同じものを長時間使わず、何枚か用意して常に清潔なものを使用しましょう。

とくに汗をかく季節は、シャワーをこまめに浴びることも有効。シャワーは汗だけでなく、表皮についた細菌や汚れを洗い流してくれます。

保湿の観点から石鹸やボディソープは使わず(1日1回程度でOK)、汗をサッと流す程度に留めましょう。シャワーが難しい場合は、肌着を取りかえるだけでも効果があるようです。

汗だけじゃない!顔にできるアトピーの原因

顔のアトピーは他の場所のアトピーよりも憂うつな気分になりますよね。どうして顔にはアトピーができやすいのでしょうか。原因は汗だけではないのです。

例えば、ストレス、睡眠不足、食生活といった何気ない生活習慣もアトピーの原因となっています。では、それらが原因となる顔のアトピーに対して何をすればよいのでしょうか。

アトピーと日光の関係

日光に当たると皮膚の温度が上昇したり、発汗によって痒みが強まる傾向があります。

それ以上に、アトピー肌にとって紫外線は大敵。健康な肌でも紫外線によって多大なダメージを受けるのですから、バリア機能が弱まっているアトピー肌はとくに注意が必要なのです。

紫外線対策は1年を通して必要ですが、とくに夏場は紫外線と汗の2つの悪化因子によって症状が悪化しがち。しっかりと紫外線対策を行い、肌に負担をかけないよう心がけましょう。

ちなみに、アトピー性皮膚炎の治療に紫外線は有効であるという説もありますが、これはもう過去の話となります。紫外線によるアトピー治療を行っている医療機関もあるようですが、日光と専門の治療器具はまったく別物であることを覚えておきましょう。

すぐにできる日光対策

紫外線際策といえば日焼け止めクリームなどのアイテムですが、肌に合ったものを選ばないと症状を悪化させることもあるので要注意。

日焼け止めを選ぶ際には、皮膚に刺激が強い「紫外線吸収剤」ではなく「紫外線散乱剤」が配合されているものを選び、必ずパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

皮膚の炎症が強いときはなるべく日焼け止めを使わず、長袖の服・帽子・日傘などで紫外線から肌をガードするのが理想的です。

紫外線対策にも保湿は重要です。紫外線は肌細胞に影響を与え、水分を保持する天然保湿因子を減少させてしまいます。それを防ぐためにも毎日の保湿ケアをしっかりと行い、肌のバリア機能を高めていきましょう。

 
アトピー肌にお悩みの女性におくるスキンケアなび